太陽光発電の良いところ

環境に優しいシステムとして最近注目されているのが太陽光発電となっています。

テレビのニュースでもその様子が伝えられるほどこの言葉を耳にすることが多くなっています。

一般家庭でも導入することが多くなっているシステムですが、ここにはいくつかのメリットがあります。

それは電力を使いながら収入を得ることができるという点です。

太陽光発電では、発電システムを設置した後に適用されるものがあります。

それが余剰電力買取制度になります。

この制度はどのような仕組みになっているのかというと、太陽光発電システムで発電した電力を家庭用電力として使うのが基本となっていますが、ここで使われなかった余った電力を電力会社が通常よりも高い単価で買い取ってくれるようになっています。

したがって昼間の電気をあまり使わないという家庭にとっては非常にうれしいサービスとなります。

太陽があまり出ていない朝と夜は、設置する前と同じように電力会社から電気を買うというのはあまり変わりませんが、太陽が出ている日中は購入するときよりも高い価格で余った電力を売電することができるという特徴があります。

基本的に太陽光発電で発電する電力量の約60パーセントが余った電力になると計算されています。

しかしここで注意しなければいけないことがあります。

太陽光発電の売電価格に関しては、毎年推移しています。

しかしこのシステムを設置してから10年間は、最初に決められた売電価格で電力会社が買い取ることが決められているので、太陽光発電システムを速く導入すればそれだけ、高い価格で売電することができるという仕組みになっています。

たとえば2010年の売電価格は48円となっており、2011年と2012年は42円となっています。

2013年になると38円まで下がり、2015年は33円となっています。これは住宅用の低圧供給のもので、設置容量が10キロワット未満のものが対象となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です