太陽光発電を導入するとどうなるのか

電気に困っていると言うことではないのに、最近では自宅に太陽光発電を導入するところが多くなっています。

設置費用が必要になるのにこれほどたくさんの人が導入している背景には理由があります。

そこで気になるのがなぜ太陽光発電を導入するのかについてです。その大きな理由は、経済効果が高く毎月支払わなければいけない電気代が非常にお得になるというものです。

たとえばオール電化を使っている家庭で毎月の電気代が1万円という場合には、3Kシステムの太陽電池を導入するとその金額が8000円程度にまで安くなるのです。

またここで発電した電力は電力会社に売ることができるので、実質光熱費が無料というのも夢ではありません。

最近では自然災害がたくさん発生していますが、このような地震などの災害で停電になることがあります。

停電したときにも電気を使うことができるというのが大きな魅力となっています。太陽光発電を自立運転に切り替えることで、パワーコンディショナー本体の側面右横の専用コンセントから、最大で1500キロワットの交流電力を取り出すことができます。

これでたくさんの人が太陽光発電を導入している理由を納得することができますが、経済効果を期待することもできます。

具体的には昼間の消費電力を自給自足することができます。

また電気代が下がるので家計を管理している主婦にとってはうれしいものです。

そして発電して余った電力に関しては売電することができ、その分を現金で受け取ることができます。

太陽光発電を設置する目的によって買取価格が異なっていますが、それぞれ価格を10年間固定して買取が行われるようになっています。

地球環境に優しいクリーンなエネルギーとして現在注目を集めているシステムとなっていますが、一般の家庭に設置する際にはコストが高いというのがハードルとなっています。

しかし長い目で見たときの電気代や、災害時の緊急電力として活用することができるという点では期待されるものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です