太陽光発電を導入する理由

太陽光発電は、自然エネルギーを利用すると言うことで地球環境に非常に優しい方法として推奨されています。

したがって国が導入を促進するために補助金制度が行われていましたが、現在はこの制度は廃止されています。

しかし現在でも地方自治体によって補助金制度が残っていると言うところはたくさんあります。

太陽光発電を設置するためには初期費用が必要になります。

この初期コストは出力が大きくなればそれだけ増えてしまいます。

したがって補助金に関してはキロワットあたりの補助額が決められています。

このように上限を設けている自治体が多くなっています。

補助金制度を利用することで設置の際の初期コストを小さくすることができます。

したがってこれから導入を検討している人は積極的に活用すると安心です。

補助金に関しては行政単位の予算で行われています。

県から補助金を受けて、そのほかに市からも補助金を受けることができる地域もあります。

補助金の運用に関しては、自治体によって異なっているので実際に問い合わせたりホームページなどで確認するようにします。

太陽光発電では、家庭で使う以外に余った電力を買い取ってもらうことができるようになっています。

そこで存在するのが固定価格買取制度になります。

これによって太陽光発電による収益が可能となっています。

電力会社による固定価格で一定期間電力の買取やその価格が保証されているという内容になっています。

固定価格買取制度の特徴は、主に産業用となっている10キロワット以上の全量買取では、発電した電力の全てが買い取られるようになっています。

しかし家庭用の10キロワット未満では、家庭内で消費して余った分が売電できるような制度となっています。

これは余剰買取となっています。これらの買取価格には保証期間が設けられています。

保証期間は全量買取が20年間となっています。余剰買取に関しては10年間となっています。買取価格は毎年変化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です