太陽光発電のメリットと業者選び

環境に優しいエネルギーを生み出すために活用されているのが太陽光発電となっています。

企業などでビルの屋上や壁面に太陽光パネルが設置されているのを見かけることが多くなっていますが、最近では一般住宅の屋根に太陽光パネルが付けられているというのもそれほど珍しいことではなくなっています。

そこでなぜこのようにたくさんの所に太陽光発電が導入されているのかというと、次のようなメリットがあるからです。

それは電気代やガス代を節約することができ、環境に優しく自然災害が発生したときの非常用電源になるからです。

また家族の節電意識を高めることができ、発電の際に余った電力に関しては買い取ってもらうことができるというのが特徴となっています。

このほかに考えられるメリットとしては、パネルを屋根に設置すると言うことで断熱効果が高くなります。

その結果夏は涼しく冬は暖かい住宅環境となります。最近では家庭で発電した発電量に応じて対価をもらうことができる、グリーン電力証書などの制度も始まっています。

太陽光発電を導入するためには、そのシステムを業者に設置してもらう必要があります。

このときにどの業者を選ぶかが大きなポイントとなります。

まずはメーカー施工資格を持っていると言うことと施工実績が十分にあるかを確認します。

ソーラーパネルのメーカーでは、パネルの施工方法に関して研修を行っています。

その研修を終えると施工資格を出しています。また見積価格や施工費用が詳しく書かれているかも確認します。

設置の際には必要な費用の見積もりを出してもらいますが、ここで大切なことは金額が安いと言うことだけではなく、費用の明細をしっかりと確認するようにします。

また自分の住宅にあった太陽光パネルを選んでくれるかも大切です。

屋根の形によって設置できるパネルの種類や枚数が異なります。ここで最適なソーラーパネルを提案してくれる業者を選ぶようにします。

同時に詳しい発電シミュレーションを出してくれる業者を選ぶようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です