太陽光発電の性能や今後について

太陽光発電システムを、この先導入するかどうか迷っているという人がいますが、まずはその仕組みやメリットなどをしっかりと頭に入れてから検討することが大切です。

2年後から3年後に売電制度がどのようになっているのかというような心配もありますが、これらを含めてしっかりと検討する必要があります。

太陽光発電は、2年から3年の間に急激な進化を見せています。

太陽光パネルの発電量に関してですが、少し前までは160ワットというような出力量となっていましたが、現在では230から240ワットという出力量を確保することができるようになっています。

このように太陽光パネルの性能が向上しているのです。この先この発電量が一気に上昇すると言うことは考えられませんが、注目されているのが変換効率になります。

現在の太陽光パネルの変換効率は約15パーセント程度となっています。この変換効率を高めるための技術は向上してきており、将来的には40パーセント程度の変換効率を実現させることも可能となっています。

これから太陽光発電を導入しようと考えている人は、太陽光パネルの出力量や変換効率について注目しておくというのが一つのポイントです。

実際に導入する際には初期費用が必要になりますが、その費用は最近4年から5年の間に大きく減少しています。

なぜこのように価格が下がってきているのかというと、そこには海外メーカーが参入してきたと言うことが背景にあります。

太陽光発電を導入する家庭が多くなってきたと言うことで、製造コストを大きく抑えることが可能になったことも理由の一つとなっています。

したがって将来的には価格は下がると考えられていますが、太陽光発電システムの半分が工事費用となっているので、それ以上価格が下がると言うことは考えられません。

現在国の補助金制度は終了していますが、地方自治体の補助金制度を実施しているという地域もあります。

太陽光発電の価格が低下すると補助金の金額も減少する傾向にありますが、負担する金額としてはあまり変わりがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です