太陽光発電は万能ではない

安全に発電できる太陽光発電

太陽光発電は他の発電方法と比較すると安心して発電できる方法です。

ソーラーパネルがあればそのパネルが太陽の光を電気に変換してくれるので発電には燃料は必要ありません。

燃料は太陽の光です。

日本ではまだまだ太陽光発電は普通の家庭に取り入れられているわけではありません。

その理由は、コストでしょう。ソーラーパネル自体が安いモノではないですし、いつになったら元が取れるのかという疑問を持っている人も多くいるはずです。

ですが、海外では実際にソーラーパネルだけで生活している人も存在します。

日本とは異なり、海外では電気が通っていない土地に住んでいる人はかなり存在します。

電気が通っていなくてもソーラーパネルとジェネレイターを使用して上手に生活をしている人は多くいます。

ですから、ソーラーパネルで生活をすることは不可能ではありません。

常に電力供給は難しい

太陽光発電でデメリットといえば、やはりエネルギーが太陽の光なので常に電力を供給することは難しかったりもします。

それも考え方次第なのですが、電気がないということに慣れていない日本人にとっては電気がない状況に陥ることを想像するだけで不安になる人もいるはずです。

もともと電気がない場所で生活していた人にとっては電気がこないということはそれほど問題にもならなかったりします。

だからこそ、太陽光発電で常に電力の供給がされなくてもあわてることはないのでしょう。私達も少しこういった姿勢を学ぶといいかもしれません。

災害時に太陽光発電は便利?

太陽光発電を各家庭や地域で行うのなら、災害時には逆に便利かもしれません。

今までは決まった地域の電力会社からの送電をまっているだけでしたから、その電力会社が供給不可になればその地域は電気なしの状態になります。

ですが、もし家庭や地域単位で太陽光発電をしているのならソーラーパネルやケーブルなどが損傷されない限り発電は可能となります。

ということは、災害時でも電気を利用することができるという可能性があるのです。
太陽光発電はデメリットもありますが、あると本当に便利なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です